人気ブログランキング |

マザーレス・ブルックリン_f0396811_20572046.jpg

エドワード・ノートンが「僕たちのアナ・バナナ」以来となる約19年ぶりの監督業に挑んだ作品で、1950年代のニューヨークを舞台に私立探偵が殺人事件の真相を追うアメリカンノワール。ノートンが監督のほか脚本、製作、主演も務めた。共演にはブルース・ウィリス、ググ・バサ=ロー、アレック・ボールドウィン、ウィレム・デフォーらが顔をそろえる。

マザーレス・ブルックリン_f0396811_20575478.jpg

あらすじ:障害を抱えながらも驚異的な記憶力を持つ私立探偵のライオネル・エスログの人生の恩人であり、唯一の友人でもあるボスのフランク・ミナが殺害された。事件の真相を探るべく、エスログがハーレムのジャズクラブ、ブルックリンのスラム街と大都会の闇に迫っていく。わずかな手掛かり、天性の勘、そして行動力を頼りに事件を追うエスログがたどり着いたのは、腐敗した街でもっとも危険と称される黒幕の男だった。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2020年劇場鑑賞作品・・・6 



# by yukikokoronn | 2020-01-29 21:01 | ま行の作品 | Trackback

ラストレター

ラストレター_f0396811_18342086.jpg

Love Letter」「スワロウテイル」の岩井俊二監督が、自身の出身地・宮城を舞台に、手紙の行き違いから始まった2つの世代の男女の恋愛模様と、それぞれの心の再生と成長を描いたラブストーリー。主人公・裕里を松たか子、未咲の娘・鮎美と高校生時代の未咲を広瀬すず、鏡史郎を福山雅治、高校生時代の鏡史郎を神木隆之介がそれぞれ演じる。

ラストレター_f0396811_18353316.jpg

あらすじ:姉・未咲の葬儀に参列した裕里は、未咲の娘・鮎美から、未咲宛ての同窓会の案内状と未咲が鮎美に遺した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるため同窓会へ行く裕里だったが、学校の人気者だった姉と勘違いされてしまう。そこで初恋の相手・鏡史郎と再会した彼女は、未咲のふりをしたまま彼と文通することに。やがて、その手紙が鮎美のもとへ届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎と未咲、そして裕里の学生時代の淡い初恋の思い出をたどりはじめる。

感想はgooのブログをご覧ください。



2020年劇場鑑賞作品・・・5 



# by yukikokoronn | 2020-01-26 18:39 | ら行の作品 | Trackback(3)

カイジ ファイナルゲーム_f0396811_19465876.jpg

福本伸行のベストセラーコミックを原作にした劇場版シリーズの第3弾にして最終章。命懸けのゲームから何度もはい上がってきたカイジが、新たなゲームに挑む。前2作の監督を務めた佐藤東弥、カイジを演じた藤原竜也が続投し、『BLEACH』などの福士蒼汰、『町田くんの世界』の関水渚、『OVER DRIVE』などの新田真剣佑らが出演する。“バベルの塔”や“最後の審判”など、原作にはない過激でユーモラスなゲームが登場する。

カイジ ファイナルゲーム_f0396811_19472737.jpg

あらすじ:2020年。東京オリンピックを終えた日本は、不景気に陥っていた。1,000円に値上がりした缶ビールを買うのもちゅうちょするほど困窮しているカイジ(藤原竜也)は、帝愛グループの企業の一つを任されるまでになった大槻と再会する。カイジは、金を持て余した富豪の老人が主催するイベントで自分と組んで大金を得ようと持ち掛ける大槻の誘いに、一抹の不安を覚えながらも乗ることにする。

感想はgooのブログをご覧ください。




2020年劇場鑑賞作品・・・5 



# by yukikokoronn | 2020-01-21 21:26 | か行の作品 | Trackback(2)

パラサイト 半地下の家族_f0396811_17553368.jpg

『母なる証明』などのポン・ジュノが監督を務め、第72回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した人間ドラマ。裕福な家族と貧しい家族の出会いから始まる物語を描く。ポン・ジュノ監督作『グエムル -漢江の怪物-』などのソン・ガンホをはじめ、『新感染 ファイナル・エクスプレス』などのチェ・ウシク、『最後まで行く』などのイ・ソンギュンらが出演。

パラサイト 半地下の家族_f0396811_17561163.jpg

あらすじ:半地下住宅に住むキム一家は全員失業中で、日々の暮らしに困窮していた。ある日、たまたま長男のギウ(チェ・ウシク)が家庭教師の面接のため、IT企業のCEOを務めるパク氏の豪邸を訪ね、兄に続いて妹のギジョン(パク・ソダム)もその家に足を踏み入れる。

感想はgooのブログをご覧ください。



2020年劇場鑑賞作品・・・4 



# by yukikokoronn | 2020-01-20 18:00 | は行の作品 | Trackback(4)

この世界の(さらにいくつもの)片隅に_f0396811_20233386.jpg

片渕須直監督がこうの史代の同名漫画をアニメーション映画化して異例のロングランヒットを記録し、国内外で高い評価を得た「この世界の片隅に」に、新たなシーンを追加した長尺版。片渕監督のもと、主人公すず役ののん、今作でシーンの追加されたリン役の岩井七世らキャスト陣は変わらず続投。

この世界の(さらにいくつもの)片隅に_f0396811_20240456.jpg

あらすじ:日本が戦争のただ中にあった昭和19年、広島県・呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれ、新たな生活を始める。戦況の悪化に伴い生活も困窮していくが、すずは工夫を重ねて日々の暮らしを紡いでいく。そんなある日、迷い込んだ遊郭でリンという女性と出会ったすずは、境遇は異なるものの、呉ではじめて出会った同世代の女性であるリンと心を通わせていくが……。

感想はgooのブログをご覧ください。



2020年劇場鑑賞作品・・・3 



# by yukikokoronn | 2020-01-17 20:27 | か行の作品 | Trackback(2)

ラスト・クリスマス

ラスト・クリスマス_f0396811_00171535.jpg

1984年の発売以降、クリスマスの定番ソングとして全世界で愛されている「ワム!」の「ラスト・クリスマス」をモチーフに、「世界一キライなあなたに」や「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラークと「クレイジー・リッチ!」のヘンリー・ゴールディング主演で描いたロマンチックコメディ。脚本は「いつか晴れた日」でアカデミー脚色賞を受賞し、女優として本作にも出演するエマ・トンプソン。監督は「シンプル・フェイバー」のポール・フェイグ。

ラスト・クリスマス_f0396811_00174174.jpg

あらすじ:ロンドンのクリスマスショップで働くケイト。華やかな店内で妖精エルフのコスチュームに身をまとうケイトは仕事に身が入らず、乱れがちな生活を送っていた。そんなある日、ケイトの前に不思議な青年トム現れる。トムはケイトが抱えるさまざまな問題を見抜き、彼女に答えを導き出してくれた。そんなトムにケイトは心をときめかせるが、2人の距離は一向に縮まることはなかった。やがてケイトはトムの真実を知ることとなるが……。

感想はgooのブログをご覧ください。



2020年劇場鑑賞作品・・・2 



# by yukikokoronn | 2020-01-11 00:19 | ら行の作品 | Trackback(2)

テッド・バンディ

テッド・バンディ_f0396811_18443932.jpg

「グレイテスト・ショーマン」のザック・エフロンが、30人以上の女性を惨殺した実在の殺人鬼を演じた犯罪ドラマ。テッド役のエフロンのほか、リリー・コリンズ、ジョン・マルコビッチらが脇を固める。監督は、同じくテッド・バンディを題材としたNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合」を手がけたジョー・バリンジャー。

テッド・バンディ_f0396811_18450674.jpg

あらすじ:1969年、ワシントン州シアトル。とあるバーで出会い恋に落ちたテッド・バンディとシングルマザーのリズは、リズの幼い娘モリーとともに3人で幸福な家庭生活を築いていた。しかし、ある時、信号無視で警官に止められたテッドは、車の後部座席に積んであった疑わしい道具袋の存在から、誘拐未遂事件の容疑で逮捕されてしまう。また、その前年にも女性の誘拐事件が起きており、目撃された犯人らしき男はテッドと同じフォルクスワーゲンに乗り、その似顔絵はテッドの顔に酷似していた。

感想はgooのブログをご覧ください。



2020年劇場鑑賞作品・・・1 



# by yukikokoronn | 2020-01-06 18:49 | た行の作品 | Trackback(2)

2020年新年のご挨拶と、2019年の劇場映画鑑賞ベスト10選出_f0396811_15053676.jpg

新年明けましておめでとうございます。皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年にて劇場映画鑑賞作品の中から、19年も映画好きの私にとっては、とても喜ばしい限りのアクション映画の豊富な年でした。

それでも、邦画も中々の良作ぞろいであり、また2019年は、アニメが大活躍をし、上位をアニメでしめているのに驚きでした。

それでも、順位を付けるとなると迷ってしまいます。私が★★★★★を付けた作品の中から選んで見たいと思います。

洋画部門  

第1位: アベンジャーズ/エンドゲーム★★★★★+★

第2位: ゴジラ キング・オブ・モンスターズ★★★★★

第3位:キャプテン・マーベル★★★★★

第4位:グリーンブック★★★★★

第5位:アラジン★★★★・5

第6位:フリーソロ(IMAX)★★★★・5

第7位:存在のない子供たち★★★★・5

第8位:ジョーカー★★★★

第9位: スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け★★★★

第10位: アクアマン★★★★

次点:スパイダーマン:スパイダーバース★★★★・5 クロール ―凶暴領域―★★★★ プライベート・ウォー★★★★ エンド・オブ・ステイツ★★★★ ホテル・ムンバイ★★★★ ドクター・スリープ★★★★ ハンターキラー 潜航せよ ★★★★ スノー・ロワイヤル★★★★ アナと雪の女王2★★★★ THE GUILTY/ギルティ★★★★ ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド★★★★

邦画部門

第1位:空母いぶき★★★★・5

第1位: キングダム★★★★・5

第3位:アルキメデスの大戦★★★★

第4位:ザ・ファブル★★★★

第5位:翔んで埼玉★★★★

第6位:マスカレード・ホテル★★★★

第7位:カツベン!★★★★

第8位:ひとよ★★★★

第9位:引っ越し大名!★★★★

第10位:記憶にございません!★★★★

次点:コンフィデンスマンJP★★★★ 居眠り磐音★★★★ 七つの会議★★★★

昨年の劇場映画鑑賞は、200本に届かず洋画と邦画を合わせて、186本という結果になってしまいました。それでも、年末は忙しくてせっかく鑑賞した映画の内、数本くらいは31日までに投稿せずになってます。

その鑑賞の内、「男はつらいよ、お帰り寅さん」、「ヒックとドラゴン「ルパン三世THEFIRST」、「ボーダー二つの」「デット・バンディ」、「ラスト・クリスマス」、「盲目のメロディ」、「喝 風太郎!!」、「閉鎖病棟―それぞれの朝―」、「「アイネクライネナハトムジーク」、「家族を想うとき」

正月の間にでもゆっくりと思い出しながらレビューをしたいと思っております。寝正月を決め込んでのんびりと過ごす予定ですので、昨年の鑑賞した映画12本が未投稿になっています。

どうか、今年もマイペースでやりたいと思っていますので、何卒宜しくお願いいたします。



2019年劇場映画鑑賞作品ベスト10選出・・・1  



# by yukikokoronn | 2020-01-02 15:08 | 年別の映画ベスト10選別 | Trackback(2) | Comments(6)

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け_f0396811_22025602.jpg

「スター・ウォーズ」の新たな3部作としてスタートした「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(2015)、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(17)に続く3部作の3作目。「スター・ウォーズ」サーガのエピソード9にあたり、1977年のシリーズ1作目から計9作品を通して語られてきたスカイウォーカー家の物語が完結する。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け_f0396811_22032624.jpg

あらすじ:「フォースの覚醒」を手がけたJJ・エイブラムスが再びメガホンをとり、主人公のレイを演じるデイジー・リドリーほか、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザックら3部作の主要キャラクターを演じてきたキャストが集結。初期3部作の「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(80)、「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」(83)に登場した、ビリー・ディー・ウィリアムズ演じるランド・カルリジアンが再登場するほか、シリーズを通して重要な役割を担ってきた、1612月に急逝したキャリー・フィッシャー演じるレイア・オーガナも、「フォースの覚醒」製作時に撮影されていたものの未使用だった映像を用いて登場する。

感想はgooのブログをご覧ください。



2019年劇場鑑賞作品・・・186 



# by yukikokoronn | 2019-12-28 22:05 | さ行の作品 | Trackback(3)

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人_f0396811_18422483.jpg

今村昌弘のデビュー作「屍人荘の殺人」は新人作家としては前代未聞の国内主要ミステリー賞を総なめにし、4冠を達成!!ミステリー界に大事件を巻き起こした。奇想と本格ミステリーが見事に融合し、斬新なトリックの数々で日本中を驚かせた超話題作が豪華キャスト・スタッフにより早くも実写映画化する!監督はドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」や「民王」など、見る人を“やみつき”にさせる意欲作を数々と生み出す鬼才・木村ひさし。脚本を手掛けるのは、「TRICK」シリーズや「金田一少年の事件簿」などミステリー作品に定評がある蒔田光治。トップクリエイター同士の2人が、原作の良さはそのままに映像化ならではの大胆なアレンジの数々に挑む。

屍人荘の殺人_f0396811_18425679.jpg

出演者には、当代随一の若手実力派俳優・神木隆之介、コメディエンヌとしても才能を開花させた大人気女優・浜辺美波、そして人気急上昇中の今最も旬な俳優・中村倫也ほか若手からベテランまで邦画界を代表する個性豊かな俳優陣が大集結!さらに主題歌を担当するのは、今年デビュー15周年、結成20周年イヤーがスタートし、9月に初のベストアルバムをリリースしたばかりの3人組テクノユニットPerfume。この記念すべきタイミングに新曲「再生」が、衝撃の展開を迎えるエンディングを鮮やかに彩る。

感想はgooのブログをご覧ください。

 


2019年劇場鑑賞作品・・・185 



# by yukikokoronn | 2019-12-26 18:47 | さ行の作品 | Trackback(4) | Comments(0)

ジュマンジ ネクスト・レベル_f0396811_22495648.jpg

20年振りの続編となった『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』に続くアドベンチャーシリーズの第3弾。再びゲームの世界に入り込んだ4人の高校生に2人の老人が加わり、砂漠や雪山などから生還するためサバイバルを繰り広げる。出演はドウェイン・ジョンソンやジャック・ブラックら前作のキャストのほか、ダニー・デヴィート、ダニー・グローヴァーが共演。監督は前作のジェイク・カスダンが続投する。

ジュマンジ ネクスト・レベル_f0396811_22501994.jpg

あらすじ:ジュマンジをクリアして2年。大学生になったスペンサーは、破壊したジュマンジを修理しようとして再びゲームの中に吸い込まれる。ベサニーたちもジュマンジにログインするが、バグったゲームの世界ではキャラクターが入れ替わり、スペンサーの祖父たちもジュマンジの中に入ってしまう。そして新たに砂漠や氷山などのステージが追加されていた。

感想はgooのブログをご覧ください。



2019年劇場鑑賞作品・・・184 



# by yukikokoronn | 2019-12-25 22:53 | さ行の作品 | Trackback(2) | Comments(0)

ファイティング・ファミリー_f0396811_23192079.jpg

アメリカのプロレス団体WWEで一夜にしてスターの座を掴んだ女性ファイター、ペイジの実話をもとに、プロレスを通して固い絆で結ばれた家族を描いたヒューマンドラマ。ペイジとその家族を描いたドキュメンタリー「TheWrestlersFightingwith My Family」に感銘したドウェイン・ジョンソンが、イギリスの映画製作会社Film4Productionsとタッグを組んで映画化した。

主人公ペイジを「トレイン・ミッション」「Midsommar」のフローレンス・ピュー、兄ザックを「ダンケルク」のジャック・ロウデン、父パトリックを「ショーン・オブ・ザ・デッド」のニック・フロストが演じる。ドウェイン・ジョンソンも本人役で出演。「蜘蛛の巣を払う女」などに俳優として出演したスティーブン・マーチャントが監督・脚本を手がけた。

ファイティング・ファミリー_f0396811_23201025.jpg

あらすじ:イギリス北部でレスリングジムを営むナイト一家。中学1年生の時からリングに立っている18歳のサラヤは、いつかWWEの試合に出て一家を盛り上げたいと願っていた。兄ザックもプロレス命だが、その一方で愛する彼女と結婚して普通の家庭を持ちたいとも考えている。そんなある日、WWEのトライアウトに参加した2人は、尊敬するスーパースター、ドウェイン・ジョンソンと対面を果たす。兄妹は大喜びでトレーニングに励むが、サラヤだけが次のステージに進み、フロリダへ行くことが決定し……。

感想はgooのブログをご覧ください。


2019年劇場鑑賞作品・・・183 



# by yukikokoronn | 2019-12-19 23:24 | は行の作品 | Trackback(1) | Comments(0)

カツベン!

カツベン!_f0396811_21110819.jpg

Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』の周防正行監督、5年ぶりの待望の新作が上映となりました。大正時代、無声映画に独自の語りを入れ、身振り手振りの派手なパフォーマンスで観客を魅了した「活動弁士(カツベン)」に、スポットを当てた映画、その名も『カツベン!』。今作は、パリで開催された第14KINOTAYO(キノタヨ)現代日本映画祭にて、観客賞にあたるソレイユ・ドール賞を受賞しました。

カツベン!_f0396811_21115788.jpg

あらすじ:大正4年(1915年)。映画が「活動写真」と呼ばれ、人々の娯楽として人気を集めていた頃。

村では映画の撮影が行われています。チャンバラシーンに監督の指示の声が飛びます。撮影は、悪ガキたちが犬を放し、犬が鳴いても、警官の怒鳴り声がしても、子供たちが写り込んでも続きます。

無声映画では、音は関係ありません。あとは、活動弁士(カツベン)が、楽士の演奏と共に、独特の語りで内容を説明し、写真を盛り上げてくれるのです。

感想はgooのブログをご覧ください。


2019年劇場鑑賞作品・・・182 



# by yukikokoronn | 2019-12-17 21:15 | か行の作品 | Trackback(2) | Comments(0)

シティーハンター THE MOVIE史上最香のミッション_f0396811_13210732.jpg

日本では1980年代にアニメ化されて根強い人気を誇る北条司の漫画「シティーハンター」をフランスで実写映画化。フランスの大ヒットコメディ映画「世界の果てまでヒャッハー!」を手がけたフィリップ・ラショーが監督・脚本・主演。日本語吹き替え版は、リョウ役を山寺宏一、カオリ役を沢城みゆきが担当。アニメ版オリジナルキャストの神谷明と伊倉一恵はスペシャルゲストとして、アニメ版とは異なる役の吹き替えで参加する。

シティーハンター THE MOVIE史上最香のミッション_f0396811_13223473.jpg

あらすじ:ボディガードや探偵を請け負う凄腕のスイーパー(始末屋)=「シティーハンター」ことリョウは、相棒のカオリとともに日々さまざま依頼を請け負っていた。そんな2人のもとにある日、その香りをかいだ者を虜にする「キューピッドの香水」の奪回という危険な任務が持ち込まれる。香水が悪用されれば世界は危機に陥ることは必至で、48時間というタイムリミットのなか、2人は香水を取り戻すために奔走する。

感想はgooのブログをご覧ください。



2019年劇場鑑賞作品・・・181 



# by yukikokoronn | 2019-12-15 13:25 | さ行の作品 | Trackback | Comments(0)

ゾンビランド:ダブルタップ_f0396811_19181965.jpg

ホラーコメディー『ゾンビランド』の続編。前作から10年後、生き残った四人が進化したゾンビに新たなルールで対抗する。『ヴェノム』などのルーベン・フライシャーが監督を続投。『スリー・ビルボード』などのウディ・ハレルソン、『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグをはじめ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンらおなじみのキャストが集結した。

ゾンビランド:ダブルタップ_f0396811_19192123.jpg

あらすじ:2009年、感染者をゾンビ化するウイルスのパンデミックが発生。コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は、32項目におよぶ生き残るためのルールのもと、ゾンビと戦いながら絆を育んできた。それから10年後の2019年、進化を遂げたゾンビが彼らの前に現れ、4人は倍以上に増えたルールで生き残りを図る。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2019年劇場鑑賞作品・・・180 



# by yukikokoronn | 2019-12-13 19:22 | さ行の作品 | Trackback(2) | Comments(0)

T-34 レジェンド・オブ・ウォー_f0396811_17235651.jpg

ソ連が誇る最強戦車“T-34”をフィーチャーし、本国ロシアで大ヒットした痛快戦車アクション。第二次世界大戦を舞台に、ナチス・ドイツの捕虜となり、彼らが行う戦車戦演習の訓練相手を務めることになった4人のソ連兵が、1両のT-34とともに収容所からの脱走を図る無謀な脱出計画の行方を、本物のT-34を使ったリアルかつ迫力のアクション満載に描き出す。主演はアレクサンドル・ペトロフ。共演にイリーナ・スタルシェンバウム。監督は「アルティメットウェポン」のアレクセイ・シドロフ。

T-34 レジェンド・オブ・ウォー_f0396811_17242682.jpg

あらすじ:第二次世界大戦下、独ソ戦の最前線。ナチス戦車の執拗な攻撃を振り切り、前線基地に帰還した新米ソ連兵イヴシュキンは、その腕を見込まれ、いきなり戦車長としてナチス戦車隊への奇襲攻撃を命じられる。

ナチスのエリート将校イェーガー大佐を相手に大健闘するも、最後は敗れて捕虜となるイヴシュキン。収容所で過酷な捕虜生活を送る彼はある日、ナチスの戦車戦演習の訓練相手に指名される。ソ連の最強戦車T-34を与えられ、部下の選抜とT-34の整備を任される。しかし、実弾の装備が許されるわけもなく、演習に参加するということはイヴシュキンたちにとっては、すなわち死を意味していたのだったが…。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2019年劇場鑑賞作品・・・179 



# by yukikokoronn | 2019-12-13 17:28 | た行の作品 | Trackback(3) | Comments(0)

アナと雪の女王2

アナと雪の女王2_f0396811_13021174.jpg

86回アカデミー賞で歌曲賞、長編アニメ映画賞を受賞した『アナと雪の女王』の続編。姉エルサの氷と雪を操る力の秘密に迫る。前作に引き続き、監督をクリス・バックとジェニファー・リー、エルサ役の声優をイディナ・メンゼル、アナ役をクリステン・ベルが務めた。

アナと雪の女王2_f0396811_13022665.jpg

あらすじ: 雪と氷に覆われたアレンデール王国に陽光を取り戻し、深い絆で結ばれた姉エルサと妹アナ。氷や雪を操る魔法の力を持つ“ありのままの自分”を受け入れたエルサと、明るいキャラクターが持ち前のアナは、仲間たちに囲まれて幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、エルサにしか聞こえない不思議な歌声により、姉妹は未知の世界へと導かれる。それは、エルサの魔法の力の秘密を解き明かす冒険の始まりだった。姉妹は仲間のオラフやクリストフとともに、数々の試練に立ち向かっていく。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2019年劇場鑑賞作品・・・178 



# by yukikokoronn | 2019-12-09 13:05 | あ行の作品 | Trackback(6) | Comments(0)

ドクター・スリープ

ドクター・スリープ_f0396811_21103793.jpg

スティーヴン・キングのホラー小説をスタンリー・キューブリック監督がジャック・ニコルソン主演で映画化した『シャイニング』の続編。一家を襲ったホテルでの恐ろしい出来事から40年後、生き延びた息子ダニーが遭遇する新たな恐怖を描く。『ムーラン・ルージュ』などのユアン・マクレガー、『ミッション:インポッシブル』シリーズなどのレベッカ・ファーガソンらが出演。『オキュラス/怨霊鏡』などのマイク・フラナガンがメガホンを取った。

ドクター・スリープ_f0396811_21115252.jpg

あらすじ:40年前、雪山のホテルで父親に殺されかけたことがトラウマになっているダニーは、人を避けるようにして生きてきた。同じころ、彼の周囲で子供ばかりを狙った殺人事件が連続して起こり、ダニーは自分と同じような特殊能力によってその事件を目撃したという少女アブラと出会う。事件の真相を探る二人は、あの惨劇が起きたホテルにたどり着く。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2019年劇場鑑賞作品・・・177 



# by yukikokoronn | 2019-12-05 21:14 | た行の作品 | Trackback(3) | Comments(0)

決算!忠臣蔵

決算!忠臣蔵_f0396811_22124371.jpg

「忠臣蔵」を題材に、限られた予算の中で仇討を果たそうとする赤穂浪士たちの苦労を描いた時代劇コメディ。堤真一と岡村隆史がダブル主演し、監督・脚本を「殿、利息でござる!」の中村義洋が務めた。金欠に悩まされるリーダー・内蔵助を堤、ワーキングプアなそろばん侍・矢頭を岡村がそれぞれ関西弁で演じる。

決算!忠臣蔵_f0396811_22130994.jpg

あらすじ:元禄14314日。清廉潔白な赤穂藩主・浅野内匠頭は、かねて賄賂まみれだった吉良上野介に江戸城内で斬りかかり、即日切腹を言い渡される。突如として藩主を亡くした赤穂藩士たちは路頭に迷うこととなり、筆頭家老の大石内蔵助は勘定方の矢頭長助の力を借りて財源の確保などに努めるが、そうした努力や幕府への働きかけも虚しく、お家再興の夢は絶たれてしまう。それでも一向に討ち入る様子のない内蔵助だったが、江戸の庶民たちは吉良への仇討を熱望。しかし討ち入りするにも予算が必要で、その上限の都合上、討ち入りのチャンスは1回きり。予算内で仇討を成功させるべく奮闘する浪士たちだったが……。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2019年劇場鑑賞作品・・・176 



# by yukikokoronn | 2019-12-02 22:16 | か行の作品 | Trackback(2) | Comments(0)

エンド・オブ・ステイツ

エンド・オブ・ステイツ_f0396811_19170152.jpg

「エンド・オブ・ホワイトハウス」「エンド・オブ・キングダム」に続き、ジェラルド・バトラーがアメリカ大統領専属シークレットサービスのマイク・バニングを演じる人気アクションシリーズ第3弾。主人公マイク役のバトラーのほか、トランブル大統領役もシリーズおなじみのモーガン・フリーマンが演じる。

エンド・オブ・ステイツ_f0396811_19172106.jpg

あらすじ:世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレットサービスのマイク・バニングは英雄として名を馳せ、副大統領から大統領となったトランブルからの信頼も絶大だった。しかし、歴戦の負傷によって肉体がむしばまれ、近頃は引退も考えるようになっていた。そんなある日、休暇中のトランブル大統領が大量のドローンによって襲撃される事件が発生。マイクが容疑者としてFBIに拘束されてしまう。隙をついて逃げ出したマイクは、何者かが仕組んだ陰謀を暴くため奔走するが……。

感想はgooのブログをご覧ください。


2019年劇場鑑賞作品・・・175 



# by yukikokoronn | 2019-11-30 19:20 | あ行の作品 | Trackback(1) | Comments(0)

劇場公開新作映画のレビュー、旅行、パピとママのblogで映画レビューをしてましたが、TBを使えなくなりしかたなくエキサイトblogを作成しました。少しずつですが、劇場で鑑賞した作品だけでもTBの繋がりをしたいと思ってます。


by yukiko