IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

f0396811_19125234.jpg

不気味なピエロ“ペニーワイズ”と少年たちの対決を描いたスティーヴン・キングのベストセラー小説を「MAMA」のアンディ・ムスキエティ監督で映画化し、全米で記録的大ヒットとなりセンセーションを巻き起こしたホラー・サスペンス。子供の失踪事件が続く田舎町を舞台に、弟をさらわれた少年といじめられっ子の仲間たちが力を合わせて、ピエロの格好をした謎めいた存在に立ち向かっていくさまを、少年少女の瑞々しい青春ドラマを織り交ぜつつ、戦慄の恐怖演出で描き出す。主演は「ヴィンセントが教えてくれたこと」「ミッドナイト・スペシャル」のジェイデン・リーバハー。ペニーワイズ役には「シンプル・シモン」「アトミック・ブロンド」のビル・スカルスガルド。

あらすじ1988年、アメリカの田舎町デリー。町では子供ばかりが行方不明になる不可解な事件が続いていた。ある日、内気で病弱な少年ビルの弟ジョージーも1人で遊んでいる時に何者かに襲われ、道端の排水溝に姿を消してしまう。以来、弟の失踪に責任を感じていたビルはある時、見えるはずのないものを見てしまい恐怖に震える。やがて、眼鏡のリッチーや悪い噂のあるベバリーなど同じような恐怖の体験をしたいじめられっ子の仲間たちと協力して、事件の真相に迫ろうとするビルだったが…。

f0396811_19120607.jpg

<感想>子どもの失踪事件が相次ぐ田舎町で、「ルーザーズ(負け犬)・クラブ」を自称する子どもたちが、相手の最も恐れているものの姿となって現れる“それ(イット)”に立ち向かう姿を描いている。北米興行収入は3億ドル突破し、日本でもかなりの興収入でしょう。どういう訳か、狭い部屋で大入り満員の盛況でありました。

f0396811_19110786.jpg

神出鬼没で変幻自在の恐怖を具現化したピエロのペニーワイズを演じたのは、スウェーデン出身のビル・スカルスガルド。父は「アベンジャーズ」「ドラゴン・タトゥーの女」のステラン・スカルスガルド、兄は「ターザン:REBORN」のアレクサンダー・スカルスガルドという芸能一家に生まれ育った、ハリウッドの注目株。本作では端正なマスクと191センチの長身を生かして不気味な笑みで忍び寄るペニーワイズを怪演し、見る者を恐怖のどん底に陥れていた。

f0396811_19122894.jpg

冒頭で少年が紙で作った船を追いかけて、水の流れとともに、邪悪なピエロ、ペニー・ワイズに接近して行く映像が巧妙で上手いと思った。それを見ながら無関心な大人との対比もお見事であります。

前篇とはいえ、135分の尺で描ききるのか?・・・とそう思っていたが、あの長大な原作の省いてはならない部分を一切とりこぼしていないのに感動した。

ひょっとしたらアルゼンチン出身である監督の、憧れみたいなものがあるのかもしれない。舞台となる80年代アメリカの風景もことさら輝いて見えた。だからこそ、恐怖との落差が途方もなく凄まじいものになっているという仕掛け。

スティーヴン・キング映画であるはずなのだが、80年代のアンブリンが制作した最恐ホラーということが、脳内にインプットされてしまった。

f0396811_19114505.jpg

ピエロの姿をしていることが多いけれど、状況に応じて他のものに、__それは子供にとって一番怖いものにも、姿を変えられるのだ。そんなのズルイとあなたは思うだろうが、そう、ズルいんですね。だからこそ、本気で怖いのであります。「IT」初のハリウッド映画化となった今回の作品にも、“ペニーワイズ”はもちろん登場します。演じているのは、ビル・スカルスガルドであり、素顔はそこそこイケメンの俳優なのだけれど、ここでは狂気のピエロ顔メイクでほとんど別人と化しているのだ。

f0396811_19135067.jpg

本作を一言で表すならば、「めちゃくちゃ元気が出るホラー映画」なんです。間違いなく怖いシーンが満載であり、物凄く怖いピエロが出て来るんですからね。

ですが、子供たちが成長して、ピエロの恐怖を乗り越える物語のおかげで、青春ストーリーものとしても、ホラー映画としても、とても良い爽快感が生まれているわけ。だから、ホラーが苦手な人でも観て欲しいですね。

f0396811_19112460.jpg

そして、ルーザーズクラブの少年少女たちもそれぞれの生活が、キングの原作らしく丁寧に描かれていて、土地に魔物が憑いている歴史的理由を、孤独な転校生の少年が図書館で調べ上げたりするのも、日本の小野不由美の残穢【ざんえ】住んではいけない部屋の資料マニアと同じく、場所がらの恐怖を高めて、的確にしているのも良かった。血の誓いをたてたルーザーズの27年後がたのしみですよね。

2017年12月劇場鑑賞作品・・・


アクション・アドベンチャーランキング
[PR]
トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/28997160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 或る日の出来事 at 2018-01-04 21:33
タイトル : 「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」
イット・イズ・ア・ピエロ。... more
Tracked from 象のロケット at 2018-01-19 09:03
タイトル : IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
アメリカのある町で、子供たちが次々と姿を消した。 やがて少年少女たちは“ペニーワイズ”という名の不気味なピエロに襲われ、経験したことのない恐怖=IT(それ)を味わうことに…。 ホラー。 ≪子供が消える町に、“それ”は現れる。≫ R-15... more
Tracked from 銀幕大帝αTB受付 at 2018-02-27 20:25
タイトル : IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
TBはここにお願い致します。... more
by yukikokoronn | 2017-12-27 19:35 | 2017年劇場公開作品 | Trackback(3)