しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

f0396811_20491784.jpg

カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生を、「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスと「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークの共演で描いた人間ドラマ。監督はドラマ「荊の城」を手がけたアシュリング・ウォルシュ。

f0396811_20502132.jpg

あらすじ:カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモードは、買い物中に見かけた家政婦募集の広告を貼り出したエベレットに興味を抱き、彼が暮らす町外れの小屋に押しかける。子どもの頃から重度のリウマチを患っているモード。孤児院育ちで学もないエベレット。そんな2人の同居生活はトラブルの連続だったが、はみ出し者の2人は互いを認め合い、結婚する。そしてある時、魚の行商を営むエベレットの顧客であるサンドラが2人の家を訪れる。モードが部屋の壁に描いたニワトリの絵を見て、モードの絵の才能を見抜いたサンドラは、絵の制作を依頼。やがてモードの絵は評判を呼び、アメリカのニクソン大統領から依頼が来るまでになるが……。

感想はgooのブログにてご覧ください。



2018年劇場鑑賞作品・・・45

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]
トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/29640752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 象のロケット at 2018-03-12 17:35
タイトル : しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
カナダ東部ノバスコシア州の小さな町。 リウマチのため手足が不自由で、一族から厄介者扱いされてきた女性モードは、絵を描くことが好きだった。 叔母の家を出るため、魚の行商人エベレットの住み込み家政婦となったモードは、仕事の合間を見て絵筆を取る。 エベレットの顧客サンドラは、一目でモードの才能を見抜くのだった…。 画家モード・ルイスの生涯。... more
Tracked from ノラネコの呑んで観るシネマ at 2018-03-15 21:31
タイトル : しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス・・・・・評..
青い鳥のいる家。 いや〜素晴らしい。 2016年の作品なのだけど、なぜこれがオスカーに絡まなかった⁇ 特にサリー・ホーキンスの演技は極上で、2年連続ノミネート、いや受賞していても全然おかしくない。 彼女が演じるのは、カナダの画家モード・ルイス。 美術教育を全く受けておらず、いわゆるヘタウマな絵なのだけど、なんとも言えない素朴な味わいがある。 カナダでは国民的人気があるそうで、...... more
Tracked from いやいやえん at 2018-10-20 14:34
タイトル : しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
【概略】 カナダの小さな港町で叔母と暮らすモードは、絵を描くことと自由を愛していた。ある日モードは、魚の行商を営むエベレットが家政婦募集中と知り、自立のため、住み込みの家政婦になろうと決意する。幼い頃から重いリウマチを患い厄介者扱いされてきたモードと、孤児院育ちで学もなく、生きるのに精一杯のエベレット。はみ出し者同士2人は、徐々に心を通わせ、やがて結婚。一方、モードの絵を一目見て才能を...... more
Tracked from 風に吹かれて at 2018-10-24 23:02
タイトル : しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
いい夫婦 公式サイト http://shiawase-enogu.jp カナダ東部のノバスコシア州。小さな町で叔母と暮らす絵を描く事が生きがいのモード(サリー・ホーキンス)は、幼い頃からリウマチを患い... more
by yukikokoronn | 2018-03-09 20:54 | さ行の作品 | Trackback(4)