劇場公開新作映画のレビュー、旅行、パピとママのblogで映画レビューをしてましたが、TBを使えなくなりしかたなくエキサイトblogを作成しました。少しずつですが、劇場で鑑賞した作品だけでもTBの繋がりをしたいと思ってます。

by yukiko

blank13

f0396811_19343885.jpg

人気俳優の斎藤工が“齊藤工”名義で記念すべき長編監督デビューを飾った家族ドラマ。自分たちを捨てて失踪した父親と13年ぶりに再会した家族が、その父の葬儀で初めて空白の日々を知っていくさまをコミカルなタッチを織り交ぜ描き出す。出演は高橋一生、松岡茉優、斎藤工、リリー・フランキー。

f0396811_19350709.jpg

あらすじ:ギャンブルに溺れて多額の借金を作った末に失踪した父が13年ぶりに見つかる。塗炭の苦しみを味わった母と兄は余命3ヵ月という父を許すことができず、見舞いを拒否し、弟のコウジだけが病院を訪ねる。やがて父はこの世を去り、葬儀には数少ない友人たちが参列して、遺された家族の前で、故人との思い出を語っていくのだったが…。

感想はgooのブログにてご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・48

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]
by yukikokoronn | 2018-03-15 19:38 | は行の作品 | Trackback(1)
トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/29653667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ふじき78の死屍累々映画.. at 2018-03-16 21:54
タイトル : 『悟空伝』『blank13』『修羅』シネマート新2・2・1
シネマート新宿只券で見た映画3本まとめてレビュー。 ◆『悟空伝』シネマート新宿2 ▲本当に、絵はいい。 五つ星評価で【★★★絵はかっこいい】 ダークファンタジー西遊記。 絵が滅茶苦茶かっこいいのだが、あにはからんや話がつまらん。 天界の構成を正すべきかどうかと言う争いは 中国の神仙に馴染のない日本人にはあまり興味がわかない題材だ。 スクリーンに対して人物がデカいの...... more