劇場公開新作映画のレビュー、旅行、パピとママのblogで映画レビューをしてましたが、TBを使えなくなりしかたなくエキサイトblogを作成しました。少しずつですが、劇場で鑑賞した作品だけでもTBの繋がりをしたいと思ってます。

by yukiko

 アバウト・レイ 16歳の決断

f0396811_22035267.jpg

エル・ファニング、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンが母娘三代を演じるヒューマン・ドラマ。性同一性障害に悩み、男として生きることを宣言した娘と、彼女の決断を戸惑いながらも尊重しようとする母と祖母それぞれの人生を、ジェンダーを巡る世代間のギャップとともに描き出す。監督はイギリス出身で、これが長編4作目の女性監督ギャビー・デラル。

f0396811_22041653.jpg

あらすじ:ニューヨークに住む16歳の少女ラモーナ。長年、性同一性障害に悩んできた彼女は、トランスジェンダーを公言して自らレイと名乗り、肉体的にも男性になることを決断する。一緒に暮らしているレズビアンの祖母ドリーは“レズビアンじゃダメなの?”と孫の決断がどうしても理解できない。自由奔放な恋愛を重ねてきたシングルマザーのマギーもまた、レイの気持ちに寄り添いつつも戸惑いを隠せない。おまけにレイの治療にはマギーだけでなく父親の同意も必要だった。それでもマギーはレイのためにと、同意書へのサインをもらうため、何年も会っていない別れた夫のもとを訪ねるのだったが…。

感想はgooのブログにてご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・51

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]
by yukikokoronn | 2018-03-18 22:08 | あ行の作品 | Trackback(1)
トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/29659977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 新・辛口映画館 at 2018-03-19 14:17
タイトル : 「アバウト・レイ 16歳の決断」@スペースFS汐留
 フィルムマークスさん独占試写会。客入りは9割位。女性客が多い。    ... more