レッド・スパロー

f0396811_19221913.jpg

実際にCIAの工作員として活動していたジェイソン・マシューズによるベストセラー小説をジェニファー・ローレンス主演で映画化したエロティック・スパイ・サスペンス。やむを得ぬ事情でロシアのスパイとなったヒロインが、自らの美貌と心理操作術を駆使したハニートラップでターゲットのCIAエージェントへと迫る中で繰り広げられる緊迫の駆け引きを、過激なエロティック描写を織り交ぜリアルかつ緊張感溢れる筆致で描き出す。共演はジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、ジェレミー・アイアンズ。監督はジェニファー・ローレンスとは「ハンガー・ゲーム」シリーズに続いてのコラボとなるフランシス・ローレンス。

f0396811_19225543.jpg

あらすじ:ケガのためにバレリーナの道を絶たれたロシアの少女ドミニカ・エゴロワ。病気の母の治療と引き換えに、叔父の仲介でロシア政府の極秘施設に送られる。そこは、ハニートラップでミッションを遂行するスパイ“スパロー”の養成所だった。厳しい監督官の下での過酷な訓練に耐え、優秀な成績を収めるドミニカ。その才能を買われ、ロシア情報庁の内部に潜むアメリカの二重スパイ(モグラ)をあぶり出すという重要な任務を与えられる。こうしてブダペストへと飛び、モグラと通じているCIA工作員ネイト・ナッシュへの接近を図るドミニカだったが…。

感想はgooのブログにてご覧ください。

  

2018年劇場鑑賞作品・・・62

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]
トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/29700938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 日々“是”精進! ver.F at 2018-04-05 20:02
タイトル : 劇場鑑賞「レッド・スパロー」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201803310000/ 【輸入盤】レッド・スパロー [ レッド・スパロー (Soundtrack) ] ... more
Tracked from とらちゃんのゴロゴロ日記.. at 2018-04-05 21:06
タイトル : レッド・スパロー
CIAの工作員として働いたジェイソン・マシューズ原作の同名小説を、ジェニファー・ローレンス主演で映画化した作品だ。ボケっとして見ていたわけじゃないけど、見終わった瞬間はあらすじはわかったけど、細かいことがわからなかった。ロシアの養成学校で言われていることは、... more
Tracked from 象のロケット at 2018-04-06 14:26
タイトル : レッド・スパロー
怪我のためバレリーナとしての将来を断たれたドミニカは、病気の母に治療を受けさせるためロシア諜報機関の訓練施設へ入所する。 そこは、ハニートラップと心理操作を武器にミッションを遂行するスパイ=<スパロー>の養成機関。 アメリカのCIA局員に接近し、ロシア政府内に潜むスパイの名を聞き出すことになったが…。 サスペンス。... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2018-04-16 12:35
タイトル : 「レッド・スパロー」
スパイ用語のおさらい。「モグラ」はスパイのことである。だが、よく二重スパイのような意味で使われる。「スワン」は女性の情報提供者(だと本作を観て思った)。そして題名にも使われている「スパロー」は、女スパイのことを指していると思われる(更に言うなら、「レッド・スパロー」の「レッド」とは、ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)がロシア人のスパイであることからつけられたのであろう)。「女スパイもの」と言えば、昨年鑑賞した「アトミック・ブロンド」を思い出さずにはいられない。どちらもスタイル抜群の美女が女スパイと...... more
Tracked from シネマ・ジャンプストリー.. at 2018-04-19 21:36
タイトル : 65『レッド・スパロー』パーソナルなスパイ映画
フランシス・ローレンス×ジェニファー・ローレンス最新作! 『レッド・スパロー』 ~あらすじ~ 事故によってバレリーナの道を諦めたドミニカ(ジェニファー・ローレンス)。母親をめぐるやむを得ない事情から、彼女はロシア政府直属の諜報(ちょうほう)機関の一員になる。美貌を生かした誘惑や心理操作で情報を入手する「スパロー」と呼ばれるスパイとして育成された彼女は、瞬く間に才能を発揮...... more
Tracked from 銀幕大帝αTB受付 at 2018-07-04 15:12
タイトル : レッド・スパロー
TBはここにお願い致します。... more
by yukikokoronn | 2018-04-05 19:26 | ら行の作品 | Trackback(6)