劇場公開新作映画のレビュー、旅行、パピとママのblogで映画レビューをしてましたが、TBを使えなくなりしかたなくエキサイトblogを作成しました。少しずつですが、劇場で鑑賞した作品だけでもTBの繋がりをしたいと思ってます。

by yukiko

君の名前で僕を呼んで

f0396811_18474671.jpg

1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、美しい風景とともに描いたラブストーリー。アンドレ・アシマンの同名小説を原作に「日の名残り」「眺めのいい部屋」の名匠ジェームズ・アイボリーが脚本を執筆、「胸騒ぎのシチリア」などで知られるルカ・グァダニーノ監督がメガホンをとった。第90回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、アイボリーが脚色賞を受賞した。「インターステラー」「レディ・バード」のティモシー・シャラメと「コードネーム U.N.C.L.E.」「ソーシャル・ネットワーク」のアーミー・ハマーが主人公カップル役で共演。

f0396811_18483404.jpg

あらすじ:83年、夏。家族に連れられて北イタリアの避暑地にやって来た17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリヴァーに特別な思いを抱くようになっていく。ふたりはやがて激しい恋に落ちるが、夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてきて……。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・88

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]
by yukikokoronn | 2018-05-18 18:52 | か行の作品 | Trackback(1)
トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/29796115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 象のロケット at 2018-05-19 08:49
タイトル : 君の名前で僕を呼んで
1983年、夏。 17歳のアメリカ人少年エリオは、いつものように両親と北イタリアの家でバカンスを過ごしている。 大学教授の父の助手である24歳の青年オリヴァーも、一家とひと夏を共に過ごすことになった。 一緒に出掛けたりするうちに親しくなった2人は、互いに友情以上の感情を抱き始める…。 ラブ・ストーリー。... more