GODZILLA 決戦機動増殖都市

f0396811_21100377.jpg

「シドニアの騎士」「亜人」「BLAME!」など3DCGアニメーションで高く評価されるポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作を担当し、同社制作のアニメを多数手がけてきた静野孔文、瀬下寛之が監督。人気脚本家の虚淵玄がストーリー原案・脚本を担当する。2万年後の地球を舞台に、ついに姿を現わした真のゴジラ“ゴジラ・アース”の圧倒的脅威と、人類最後の希望となる“メカゴジラ”誕生の行方を描き出す。

f0396811_21110696.jpg

あらすじ:「ゴジラ」シリーズ初のアニメ作品として製作された劇場3部作「GODZILLA」の第2章。ゴジラに蹂躙された地球を取り戻すため決死の戦いに挑んだハルオをはじめとした人類だったが、地中深くから現れた真のゴジラ=ゴジラ・アースに敗退。ハルオは、かつての地球人類の生き残りと目される「フツア」と呼ばれる民族の少女ミアナに助けられる。フツアもかつてゴジラに敗れたと言い伝えられていたが、彼らの持つ金属のナノメタルが、21世紀に対ゴジラ決戦兵器として開発されたメカゴジラを構成する物質と同じものであることが判明。メカゴジラの開発プラントがいまだ残されていることが明らかになり……。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・110

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]
トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/29850759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 象のロケット at 2018-06-17 15:23
タイトル : GODZILLA 決戦機動増殖都市
ゴジラを倒した喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現す。 それは2万年もの間、地球で成長を続け生き永らえ、体高300メートル、質量10万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラだった。 負傷して人型生命体「フツア」の民に救われたハルオたちは、再びゴジラに戦いを挑むことに…。 アニゴジ全三部作第二章。... more
by yukikokoronn | 2018-06-13 21:17 | か行の作品 | Trackback(1)