空飛ぶタイヤ

f0396811_20350132.jpg

人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説を実写映画化。トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む。メガホンを取るのは、『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英監督。主人公を『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』などの長瀬智也が熱演する。

f0396811_20402591.jpg

あらすじ:トラックの脱輪事故で主婦が亡くなり、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、警察の執拗(しつよう)な追及を受ける。赤松はトラックの欠陥に気付き製造元のホープ自動車に再調査を要求するが、調査は進展せず自ら調査を開始。やがて大企業のリコール隠しを知った赤松は、会社や家族を守るため、そして自身の正義のため、巨大企業に立ち向かっていく。

感想はgooのブログをご覧ください。


2018年劇場鑑賞作品・・・119

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]
トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/29894310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ふじき78の死屍累々映画.. at 2018-06-24 21:23
タイトル : 『羊と鋼の森』『コードギアスⅢ』『空飛ぶタイヤ』『OVE..
摘まんで5本まとめてレビュー。 ◆『羊と鋼の森』トーホーシネマズ渋谷4 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★役者のアンサンブル】 脚本の金子ありさ(『高台家の人々』『僕の妻と結婚してください』『となりの怪物くん』)が割と信用できない仕事をしてきているのだが、今作のようにリアリティに欠けない物語なら大丈夫という事か。全体的には朴訥でいい感じだが、調律師がピアニストの領分を侵し...... more
Tracked from 日々“是”精進! ver.F at 2018-06-25 05:13
タイトル : 劇場鑑賞「空飛ぶタイヤ」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201806170000/ 【送料無料】 「空飛ぶタイヤ」オリジナル・サウンドトラック 【CD】 ... more
Tracked from 象のロケット at 2018-06-25 08:19
タイトル : 空飛ぶタイヤ
トレーラーが脱輪事故を起こし、歩行中の主婦が死亡。 事故の原因は整備不良だと集中攻撃を受けた運送会社社長・赤松徳郎は、車両の欠陥を疑い、製造元の大手自動車会社ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太に再調査を要求する。 一方、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮は、ホープ自動車の経営に疑問を抱き、独自の調査を開始する…。 企業サスペンス。... more
Tracked from とらちゃんのゴロゴロ日記.. at 2018-06-25 14:06
タイトル : 空飛ぶタイヤ
この映画を見るといかにひどい悪行が行われていたのかがわかる。それに対して、弱小運輸会社の若い社長が立ち向かう様子は溜飲を下げるものだった。今の世の中嘘を突き通せばなんとかなる風潮があるけど、それでは倫理的に認められないとわからせてくれた。... more
Tracked from みはいる・BのB at 2018-06-26 14:19
タイトル : 『空飛ぶタイヤ』('18初鑑賞47・劇場)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 6月15日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:40の回を鑑賞。... more
Tracked from yutake☆イヴの《映.. at 2018-06-28 00:22
タイトル : 映画『空飛ぶタイヤ』★最後に正義と良心が勝つ!爽快感と安..
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172700/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・原作: 池井戸潤 ・運送会社社長(赤松):長瀬智也 ・ホープ自動車課長(沢田):ディーン・フジオカ☆ “三菱リコール隠し”が、元だそうです。 あの事件では、脱輪した大きなタイヤに、轢かれる恐怖と不幸が 私も始めは、運転していた...... more
Tracked from FREE TIME at 2018-07-01 21:33
タイトル : 映画「空飛ぶタイヤ」
映画「空飛ぶタイヤ」を鑑賞しました。... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2018-07-02 12:44
タイトル : 「空飛ぶタイヤ」
やっとその月に観た作品をその月に書けるように追いついてきた(とはいえ、まだ追いついていない作品もあるにはあるのだが)。割と手堅い選択の「空飛ぶタイヤ」。本作は息子と観に行こうと思って誘ったものの「俺、池井戸潤ってあまり好きじゃないから」と体良く断られたものである。あらまあ、キミみたいな男っぽさを追求しているヤツにはきっと面白くてよ、と心の中で思いつつ、私は別に男男してはいないのだけれど、それでも面白かった。というか、ここまで長いことサラリーマンをやってきたら、作中の「どこかで見た風景」はひとつやふた...... more
by yukikokoronn | 2018-06-24 20:38 | さ行の作品 | Trackback(8)