人気ブログランキング |

マローボーン家の掟

マローボーン家の掟_f0396811_23523880.png

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」でメガホンをとったスペインの気鋭JA・バヨナ監督が製作総指揮を務め、不気味な何かがうごめく屋敷に隠された謎に翻弄される兄弟の姿を描いたサスペンススリラー。バヨナ監督の出世作「永遠のこどもたち」「インポッシブル」で脚本を手がけたセルヒオ・G・サンチェスが初監督を務め、「はじまりへの旅」のジョージ・マッケイ、「スプリット」のアニヤ・テイラー=ジョイら英米の若手俳優たちが主人公となる兄弟を演じた。

マローボーン家の掟_f0396811_23532640.png

あらすじ:森の中にたたずむ大きな屋敷で、不思議な5つの掟を守りながら暮らすマローボーン家の4人兄弟。忌まわしい過去を振り切り、この屋敷で再出発を図る彼らだったが、母親が病死し、凶悪殺人鬼である父親を殺害したことをきっかけに、明るい日々への希望はもろくも崩れ出す。父親の死体を隠した屋根裏部屋からは不気味な物音が響き、鏡の中には怪しい影がうごめき、やがて掟が次々と破られていく。心身ともに追いつめられた兄弟の長男ジャックは、妹や弟たちを守るため、ある決断を下す。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2019年劇場鑑賞作品・・・91 



トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/30656193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2019-06-23 09:36
タイトル : マローボーン家の掟
1960年代、アメリカ・メイン州。 イギリスからやって来たマロンボーン家の5人は、片田舎の古い屋敷でひっそりと暮らし始めた。 ところが、母ローズが病で亡くなり、長男ジャックが、長女ジェーン、次男ビリー、三男サムの親代わりになることに。 そんな時、イギリスで悪名を轟かせた父親が、彼らの前に現れる…。 サスペンス・スリラー。... more
by yukikokoronn | 2019-06-20 23:56 | ま行の作品 | Trackback(1)

劇場公開新作映画のレビュー、旅行、パピとママのblogで映画レビューをしてましたが、TBを使えなくなりしかたなくエキサイトblogを作成しました。少しずつですが、劇場で鑑賞した作品だけでもTBの繋がりをしたいと思ってます。


by yukiko