ピーターラビット

f0396811_20390570.jpg

ビアトリクス・ポターの名作絵本をCGと実写で映画化したコメディ・アドベンチャー。イギリスの美しい湖水地方の田舎町を舞台に、画家のビアや仲間たちと楽しい毎日を送るウサギのピーターが、都会からやって来た神経質な青年トーマスと、自分たちの快適な生活を守るべく熾烈な攻防を繰り広げるさまとを、ビアとトーマスの恋の行方とともにコミカルに描く。出演はローズ・バーンとドーナル・グリーソン、声の出演でジェームズ・コーデン、マーゴット・ロビー、デイジー・リドリー。監督は「小悪魔はなぜモテる?!」「ANNIE/アニー」のウィル・グラック。

f0396811_20393976.jpg

あらすじ:ピーターはイタズラ好きの陽気なウサギ。美しい自然の中、仲間たちや心優しい画家のビアに囲まれ幸せな日々を送っていた。そんなある日、大都会ロンドンから青年トーマスが引っ越してくる。潔癖症で動物嫌いの彼は、さっそくピーターたちを追い払いにかかる一方、美しいビアに一目ぼれ。彼女の前では仲の良いふりをしながら、互いの意地とプライドをかけた壮絶なバトルを展開していくピーターとトーマスだったが…。

感想はgooのブログをご覧ください。


2018年劇場鑑賞作品・・・98

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]

by yukikokoronn | 2018-05-31 20:45 | は行の作品 | Trackback(5)

タクシー運転手 ~約束は海を越えて~

f0396811_16332342.jpg

19805月に韓国でおこり、多数の死傷者を出した光州事件を世界に伝えたドイツ人記者と、彼を事件の現場まで送り届けたタクシー運転手の実話をベースに描き、韓国で1200万人を動員する大ヒットを記録したヒューマンドラマ。「義兄弟」「高地戦」のチャン・フン監督がメガホンをとり、主人公となるタクシー運転手マンソプ役を名優ソン・ガンホ、ドイツ人記者ピーター役を「戦場のピアニスト」のトーマス・クレッチマンが演じた。

f0396811_16335022.jpg

あらすじ:19805月、民主化を求める大規模な学生・民衆デモが起こり、光州では市民を暴徒とみなした軍が厳戒態勢を敷いていた。「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」というドイツ人記者ピーターを乗せ、光州を目指すことになったソウルのタクシー運転手マンソプは、約束のタクシー代を受け取りたい一心で機転を利かせて検問を切り抜け、時間ギリギリにピーターを光州まで送り届けることに成功する。留守番をさせている11歳の娘が気になるため、危険な光州から早く立ち去りたいマンソプだったが、ピーターはデモに参加している大学生のジェシクや、現地のタクシー運転手ファンらの助けを借り、取材を続けていく。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・97

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]

by yukikokoronn | 2018-05-30 10:12 | た行の作品 | Trackback(6)

ゲティ家の身代金

f0396811_14454329.jpg

1973年に起こったアメリカの大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を、「オデッセイ」「グラディエーター」など数々の名作を送り出してきた巨匠リドリー・スコット監督のメガホンで映画化したサスペンスドラマ。

ゲイル役をミシェル・ウィリアムズ、ゲイルのアドバイザーとなる元CIAの交渉人フレッチャー役でマーク・ウォールバーグが出演。ゲティ役をケビン・スペイシーが演じて撮影されたが、完成間近にスペイシーがスキャンダルによって降板。クリストファー・プラマーが代役を務めて再撮影が行われ、完成された。

f0396811_14462760.jpg

あらすじ:73年、石油王として巨大な富を手に入れた実業家ジャン・ポール・ゲティの17歳の孫ポールが、イタリアのローマで誘拐され、母親ゲイルのもとに、1700万ドルという巨額の身代金を要求する電話がかかってくる。しかし、希代の富豪であると同時に守銭奴としても知られたゲティは、身代金の支払いを拒否。ゲイルは息子を救うため、世界一の大富豪であるゲティとも対立しながら、誘拐犯と対峙することになる。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・96

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]

by yukikokoronn | 2018-05-29 14:49 | か行の作品 | Trackback(10)

のみとり侍

f0396811_22550163.jpg

「後妻業の女」などの鶴橋康夫監督が、「テルマエ・ロマエ」の阿部寛とタッグを組んだ時代劇コメディ。鶴橋監督自身が脚本も兼任し、小松重男の短編小説集「蚤とり侍」の人気エピソードをもとに再構築した。おみね役の寺島しのぶ、清兵衛役の豊川悦司ら、共演にも豪華実力派俳優がそろう。

f0396811_22553778.jpg

あらすじ:長岡藩のエリート藩士・小林寛之進は、運悪く藩主の機嫌を損ねてしまい、猫の「のみとり」の仕事に就くよう命じられる。それは文字通り猫ののみを取って日銭を稼ぐものだが、実際は床で女性に愛をお届けする裏稼業であった。長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛のもとで働きはじめた寛之進は、初めてののみとり相手であるおみねから下手くそと罵られたものの、伊達男・清兵衛の指南によって腕を磨いていく。そんな中、老中・田沼意次の失脚を受けてのみとり禁止令が敷かれ、寛之進らは突如として犯罪者扱いされてしまう。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・95

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]

by yukikokoronn | 2018-05-28 22:58 | な行の作品 | Trackback(7)

ラブ×ドック

f0396811_13100194.jpg

放送作家として活躍し、『ハンサム★スーツ』『新宿スワン』などで脚本を手掛けてきた鈴木おさむがメガホンを取ったラブコメディー。アラフォーの女性パティシエと、さまざまな年齢の男性たちとの恋模様を描く。主演は『嫌な女』などの吉田羊。『サクラダリセット』シリーズなどの野村周平、『恋人たち』などの篠原篤をはじめ、吉田鋼太郎、玉木宏らが共演している。

f0396811_13104758.jpg

あらすじ:パティシエとして成功した40歳の剛田飛鳥(吉田羊)は、店で働く一回り以上も年下の星矢から突然告白され、かつての泥沼の不倫など、35歳以降に経験した悲惨な恋愛を思い出す。恋も仕事も結婚も思い通りにいかず困り果てた彼女は、遺伝子を分析して恋愛についてのカウンセリングを行うクリニック「ラブドック」を訪ねる。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・94

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]

by yukikokoronn | 2018-05-26 19:27 | ら行の作品 | Trackback(2)

サバービコン

f0396811_10540430.jpg

コーエン兄弟の脚本をベースに、ジョージ・クルーニーが共同脚本と監督を務め、マット・デイモンが主演した異色のクライム・ドラマ。1950年代の一見平和なニュータウンを舞台に、住民たちの秘められた悪意が引き起こす2つの醜悪な事件の顛末をブラックかつオフビートなタッチで描き出す。共演はジュリアン・ムーア、オスカー・アイザック。

f0396811_10581275.jpg

あらすじ:アメリカン・ドリームを絵に描いたような明るく平和なニュータウン、サバービコン。優しい父ガードナーと車椅子の母ローズ、彼女の双子の姉マーガレットとこの街に暮らす少年ニッキー。ある日、隣に黒人一家が引っ越してきて、周囲がにわかに騒然となっていく。そんな中、自宅に強盗が押し入り、不運にもローズが命を落としてしまう。やがてマーガレットが母親代わりとなり、ニッキーの面倒を見るようになるのだったが…。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・93

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]

by yukikokoronn | 2018-05-25 11:01 | さ行の作品 | Trackback(3)

ランペイジ 巨獣大乱闘

f0396811_22200628.jpg

巨大化した動物たちが暴れまわる、1986年に発売されたアーケードゲーム「RAMPAGE」をベースに、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で描くパニックアクション。元特殊部隊員で動物学者の主人公デイビス・オコイエをジョンソンが演じるほか、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジェフリー・ディーン・モーガンらが共演。「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」「カリフォルニア・ダウン」でもジョンソンとタッグを組んだブラッド・オペイトン監督がメガホンをとった。

f0396811_22203018.jpg

あらすじ:ある遺伝子実験の失敗によってゴリラ、オオカミ、ワニの3頭が巨大化し、凶暴化してしまう。さまざまな動物の長所を取り入れた遺伝子によって巨獣と化した3頭の動物たちには、軍による攻撃も効果がない。巨獣たちはやがて大都会シカゴへと到達し、街中で破壊活動を繰り広げる。

感想はgooのブログをご覧ください。


2018年劇場鑑賞作品・・・92

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]

by yukikokoronn | 2018-05-23 22:24 | ら行の作品 | Trackback(7)

狐狼の血

f0396811_18195980.jpg

人気作家・柚月裕子が東映やくざ映画の金字塔「仁義なき戦い」へのオマージュを込めつつ書き上げたベストセラー小説を「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が豪華キャストの共演で映画化した衝撃作。暴力団同士の抗争が激化する広島のとある地方都市を舞台に、暴力団が絡む事件の解決に乗り出したマル暴刑事が己の信念のみに従って進める法律無視の過激な捜査の行方を壮絶なバイオレンス描写とともに描き出す。主演は役所広司、共演に松坂桃李、真木よう子、中村獅童、竹野内豊、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介。

f0396811_18203846.jpg

あらすじ:暴力団対策法成立直前の昭和63年。広島の地方都市、呉原。そこでは地場の暴力団“尾谷組”と、広島の巨大組織“五十子会”をバックに進出してきた新興組織“加古村組”が一触即発の状態で睨み合っていた。そんな中、呉原東署に赴任してきたエリート新人刑事の日岡秀一は、凄腕ながら暴力団との癒着など黒い噂が絶えないマル暴のベテラン刑事・大上章吾の下に配属される。すると赴任早々、加古村組系列のフロント企業の経理担当が失踪する事件が発生、暴力団絡みの殺人事件と睨んだ大上は、さっそく日岡を引き連れ捜査を開始するのだったが…。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・91

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]

by yukikokoronn | 2018-05-22 13:20 | か行の作品 | Trackback(10)

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

f0396811_20550009.jpg

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「スーサイド・スクワッド」のマーゴット・ロビーが自ら製作・主演を務め、世界中に衝撃を与えた“ナンシー・ケリガン襲撃事件”の中心人物トーニャ・ハーディングの壮絶な半生を映画化した伝記ドラマ。フィギュアスケート史上最大のスキャンダルの知られざる真相を、トーニャと母親の歪んだ愛憎関係を軸に、ユーモアを織り交ぜつつ赤裸々かつ軽妙なタッチで描き出す。共演はセバスチャン・スタン、ジュリアンヌ・ニコルソン。またアリソン・ジャネイがトーニャの強烈な母親を演じてみごとアカデミー助演女優賞に輝いた。監督は「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピー。

f0396811_20551874.jpg

あらすじ:貧しい白人家庭に育った少女トーニャ・ハーディング。母親のラヴォナは、娘のスケートの才能に気づくと、彼女を一流の選手にして貧困から脱しようと本格的にフィギュアスケートを習わせる。しかし娘に愛情を示すことはなく、トーニャは罵倒と暴力が日常の少女時代を過ごしていく。やがて15歳でジェフ・ギルーリーと出会い、恋に落ちるトーニャだったが…。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・90

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]

by yukikokoronn | 2018-05-21 16:49 | あ行の作品 | Trackback(4)

モリーズ・ゲーム

f0396811_19172628.jpg

「女神の見えざる手」「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステインが主演を務め、トップアスリートからポーカールームの経営者へと転身した実在の女性モリー・ブルームの栄光と転落を描いたドラマ。「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞した名脚本家アーロン・ソーキンが、2014年に刊行されたブルームの回想録をもとに脚色し、初メガホンをとった。

f0396811_19180186.jpg

あらすじ:モーグルの選手として五輪出場も有望視されていたモリーは試合中の怪我でアスリートの道を断念する。ロースクールへ進学することを考えていた彼女は、その前に1年間の休暇をとろうとロサンゼルスにやってくるが、ウェイトレスのバイトで知り合った人々のつながりから、ハリウッドスターや大企業の経営者が法外な掛け金でポーカーに興じるアンダーグラウンドなポーカーゲームの運営アシスタントをすることになる。その才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するモリーだったが、10年後、FBIに逮捕されてしまう。モリーを担当する弁護士は、打ち合わせを重ねるうちに彼女の意外な素顔を知る。モリーの弁護士役をイドリス・エルバ、父親役をケビン・コスナーがそれぞれ演じる。

感想はgooのブログをご覧ください。

 

2018年劇場鑑賞作品・・・89

アクション・アドベンチャーランキング
[PR]

by yukikokoronn | 2018-05-20 19:21 | ま行の作品 | Trackback(4)